蘆原紀昭医師は官能小説をうつ克服の一助にしたそうです

蘆原紀昭医師 うつを解消するためにはエッチな読み物が有効

うつになると性欲が減退することがあるのはよく知られています。

 

 

セックス云々という以前に、うつになると人と接すること自体が面倒になるので、異性への意識も少なくなり、自然と性欲も薄くなっていくのです。

 

 

うつではなくとも、疲れたりストレスを受けたりしていると性欲は衰えます。

 

性欲の強さは、気力の強さのバロメーターと言えるでしょう。

 

 

元恒進會病院院長の蘆原紀昭医師は、うつの人にはエッチな本を読むよう勧めています。

 

 

官能小説やセックス体験談などを読んで性欲をかきたてると、気力が高まるきっかけになり、うつ克服の第一歩になることがあるのです。

 

 

実は蘆原医師自身がうつを経験しており、この方法を続けることで気分が明るくなり、うつ解消に向けて大きく前進できたのだそうです。

 

 

ただし、性欲を刺激するといっても、アダルトビデオのように視覚的な刺激の強い媒体は、人によっては逆効果になるケースもあります。

 

 

そのため、官能小説などがお勧めです。

 

 

一日30分でもOKなので目を通し、あれこれエッチな妄想をしてみましょう。

 

 

やや意外な方法ですが、うつ解消の大きな助けになってくれるかもしれません。

 

 

Amazonの官能小説一覧です

 

 

実践者の体験談映像もあります!
医療広告ガイドラインに則ったサイトです。
 ↓ ↓ 詳細はこちらから ↓ ↓

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

 

 

関連ページ

気分の落ち込みを防ぐ 簡単な方法
お酒を連日飲むと心が落ち込みがちになりませんか?
叫びの壺でストレス解消!
ひとりで大声を出してストレス解消 叫びの壺
人間関係のストレスを軽減する
人間関係でのストレスに対処する方法
下園壮太さん7対3の考え方
自分ではどうしようもない理由で失敗することもあるものです