うつ改善や治療 体験談などの本を紹介しています

うつの改善・治療体験談などの書籍を紹介しています。

 

うつに関する本・体験談記事一覧

座禅をきっかけにうつ発症 高田明和医師

各種メディアや講演でも活躍されている高田明和医師は医学部生だったころ、座禅に強い興味を持っていたそうです。お寺で一週間修行をしたこともあります。これは一週間ほとんど眠らずに座禅を続けるという厳しいものです。また米国に留学中も座禅を欠かさなかったそうですから、いかに熱心だったかがわかります。しかし、米...

≫続きを読む

「なぜ死んではいけないのか」と聞かれたら

日本では1998年以来、ずっと年間自殺者が3万人を超えています。毎日100人近くの方が自ら命を絶っており、何とも痛ましい限りです。自殺者の多くは、うつを経験しています。あなたの周囲に、うつを患っている方はいないでしょうか。もしもその方が「死にたい」とこぼしたら、あなたはどうしますか?あなたはおそらく...

≫続きを読む

うつ患者に言ってはいけないこと 安倍結貴さん

うつの人に「頑張れ」と言ってはいけない、とはだいぶ知られるようになりました。言っている人は激励しているつもりでも、言われた人にはストレスの原因になるのです。「頑張れ」の他には、うつの人にタブーとされる言葉はないのでしょうか?フリーライター安倍結貴さんが、自身のうつ体験を書いた「わかってほしい!うつ患...

≫続きを読む

うつを改善させた三つの言葉 高田明和医師

こちらのエントリーでは、高田明和医師がうつを発症したきっかけを紹介しました。重い症状に悩まされた高田医師でしたが、ある日こういう考えが浮かんだそうです。私の今までの考え方、生き方では破滅があるだけだ、今こそ考え方を変えて、人生を変えるときが来ているのではないか」「今までの考え方では駄目だということを...

≫続きを読む

セロトニンがうつ改善に役立つ理由 帯津良一氏の著書から

うつを改善させる手段として、呼吸法がしばしば挙げられます。深い呼吸をするとリラックスするのは誰でも実感しますが、それがうつになぜ効果的なのでしょうか?帯津良一氏の著書「ゆっくり呼吸で病気は治る!」では、呼吸法により増えるセロトニンを挙げて説明されています。同書巻末に収録されている、東邦大学医学部 有...

≫続きを読む

うつ対策のための呼吸法 帯津良一医師の著書から

呼吸法がうつに効果的だとされるのは、単に気持ちが落ち着くから、というだけではありません。こちらのページで紹介したように、深い呼吸により分泌が促進されるセロトニンには、うつを改善させる作用があるのです。帯津三敬病院名誉院長・帯津良一医師の著書「ゆっくり呼吸で病気は治る!」には、うつに対策のための呼吸法...

≫続きを読む