高田明和医師をうつから救った三つの言葉

高田明和医師 三つの言葉でうつから回復

こちらのエントリー

では、高田明和医師がうつを発症したきっかけを紹介しました。

 

 

重い症状に悩まされた高田医師でしたが、ある日こういう考えが浮かんだそうです。

 

私の今までの考え方、生き方では破滅があるだけだ、今こそ考え方を変えて、人生を変えるときが来ているのではないか」

 

「今までの考え方では駄目だということを身に沁みて感じました。

 

そして今のままでは、破滅が待っているだけだという思いが強くなったのです。

 

 

それからは、次の三つの言葉を欠かさずつぶやくようになりました。

 

 


「困ったことは起こらない」
「すべてはよくなる」
「過去は思わない」

 

 

出勤途中でもずっとつぶやき続けていると、不思議と気分も明るくなってきました。

 

 

そして1976年の1月4日は高田医師にとって忘れられない日になりました。

 

本当に「うつ」が治ったマニュアル」には、次のようにあります。

 

朝起きるといつもよりも朝日が明るく感じられました。すると、それまで頭の中を覆っている膜が、パリパリという音をたててはがれていくような気がしました。

 

その音とともに、周囲も明るく感じられたのです。私は「あれっ、これはうつが治るということかな」と思い、急に嬉しくなったのです。

 

「本当に『うつ』が治ったマニュアル」71ページより

 

 

この天啓とも言えそうな経験の後、高田医師は人との会話を全く苦痛と感じなくなったそうです。

 

 

「もしかしたら、うつは治るかもしれない」「いや、治り始めているのかもしれない」と自覚するようになり、以後高田医師のうつは劇的に快方に向かっていきます。

 

口にする言葉の力の大きさがわかります。

 

 

何かと不安の多い世の中です。

 

うつに悩まされていなくとも、気分が落ち込んでいる自覚があるなら高田医師の三つの言葉を唱えてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連ページ

座禅がうつ発症のきっかけに
「本当に『うつ』が治ったマニュアル」より うつ体験談
「なぜ死んではいけないのか」と聞かれたら
田村浩二さんの「うつ病対処マニュアル 50ヶ条」から
うつの人に言ってはいけないこと
うつの人に言うべきでないことがあります
セロトニンがうつ改善に役立つ理由は
深い呼吸などにより分泌量が増えるセロトニンがうつ改善に役立つ理由 帯津氏と有田秀穂教授の対談から
うつ改善のための呼吸法 帯津良一医師の著書から
うつ改善のための呼吸法です 手のひらの下で風船を上下させるイメージで