「自殺してはいけない理由」とは何でしょうか?

死んではいけない理由を聞かれたら

日本では1998年以来、ずっと年間自殺者が3万人を超えています。

 

毎日100人近くの方が自ら命を絶っており、何とも痛ましい限りです。

 

 

自殺者の多くは、うつを経験しています。

 

 

あなたの周囲に、うつを患っている方はいないでしょうか。

 

もしもその方が「死にたい」とこぼしたら、あなたはどうしますか?

 

 

あなたはおそらく止めるでしょう。

 

それに対し、相手がさらに「どうして死んではいけないのか?」と聞いてきたら、あなたは何と答えますか?

 

 

管理人としては

 

 

「あなたが死んだら、私が悲しむ」
「家族が悲しむ」
「これから良いことが起きるかもしれない」

 

 

あたりの答えが思い浮かぶのですが、実は「もう少し相手に響く言葉はないかな?」とずっと考えていました。

 

 

すると先日読んだある本で、「なるほど!」と感じる言葉に出会ったのです。

 

 

実体験に基づくうつ病対処マニュアル50か条」という本の前書きに、このようにありました。

 

私があえて言うとすれば、生きていれば、「ああ、あの時死ななくてよかったなぁ」と思える時があるかもしれないということです。

 

今はいくら絶望的に思えようとも、状況や気分はまた変わるかもしれないということです。

 

死ななくてよかったなあと思えることは、つまり本人にとって良い出来事です。そんな良い出来事があるかもしれないのに、今慌てて死んでしまってもいいのですか?と私は問いたいのです。

 

 

この本の著者田村浩二さんは、自身がうつになり、そして克服した経験をお持ちです。

 

実際にうつを経験した人の言葉は、とても説得力があるのではないでしょうか。

 

 

うつで思い悩んでいる人は、言うまでもなく追い詰められ、健常者とは違う精神状態にあります。そんな人に対して言葉をかけるのは難しいものです。

 

 

ましてや自殺をほのめかす人に対しては、何を言っても無力で、説得力が無いと感じることも多いでしょう。

 

 

私自身、言葉に詰まると思うのですが、もしそんな場面に遭遇したら、田村さんの

 

 

「生きていれば、『あの時死ななくて良かったなぁ』と思える時があるかもしれないよ」

 

 

を借りて、相手に伝えてみようと思います。

 

 

実践者の体験談映像もあります!
医療広告ガイドラインに則ったサイトです。
 ↓ ↓ 詳細はこちらから ↓ ↓

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

 

 

関連ページ

座禅がうつ発症のきっかけに
「本当に『うつ』が治ったマニュアル」より うつ体験談
うつの人に言ってはいけないこと
うつの人に言うべきでないことがあります
うつを改善させた三つの言葉 高田明和医師
高田明和医師は三つの言葉でうつから回復しました
セロトニンがうつ改善に役立つ理由は
深い呼吸などにより分泌量が増えるセロトニンがうつ改善に役立つ理由 帯津氏と有田秀穂教授の対談から
うつ改善のための呼吸法 帯津良一医師の著書から
うつ改善のための呼吸法です 手のひらの下で風船を上下させるイメージで