うつの人には 激励のつもりがストレスの原因になることも

うつ患者に言ってはいけないこと 安倍結貴さん

うつの人に「頑張れ」と言ってはいけない、とはだいぶ知られるようになりました。

 

言っている人は激励しているつもりでも、言われた人にはストレスの原因になるのです。

 

 

「頑張れ」の他には、うつの人にタブーとされる言葉はないのでしょうか?

 

 

フリーライター安倍結貴さんが、自身のうつ体験を書いた「わかってほしい!うつ患者のホントの気持ち」で、「うつ病患者が言ってほしくない言葉」をまとめています。

 

それによると・・・

 

「頑張ろうね」
「元気を出しなよ」
「かわいそうね」
「私がかわってあげられたら・・・」

 

「神経が弱いから…」
「どうしちゃったの?」
「どうしたらいいのかしら?」
「早くよくなろう」
「だからダメなんだよ」

 

 

・・・といった言葉は、うつ患者にとって辛く、ストレスの原因となり得るそうです。

 

うつになった人と実際に接した際、つい口にしてしまいそうな言葉も含まれています。

 

 

「だからダメなんだよ」などは、「こんなヒドいことは言わないだろ」と思います。

 

 

しかし、長いことうつ患者とつきあっていると周囲の人もストレスを感じ、イライラしてこんな言葉をつい口走ってしまうのは、それほど珍しくないようです。

 

必要以上に気を使ってしまいそうですが、安部さんによると

 

「ただ傷つくだけでなく、ある言葉によっては大きなストレスの原因になることもあるのです。

 

だからといってそれを意識しすぎると、普通の会話もできなくなってしまいますから、必要以上に神経質になることはありません。

 

日常会話は、今までどおりでOK。患者を傷つけないポイントは、意識してうつにふれないということです」
(「わかってほしい!うつ患者のホントの気持ち」189ページより)

 

 

ということなので、上の「言ってほしくない言葉」を頭に入れておいて、それ以外は普通に会話するよう心がけるのが良さそうです。

 

 

うつ治療薬通販などメンタルヘルスサポートまとめ

 

 

 

関連ページ

座禅がうつ発症のきっかけに
「本当に『うつ』が治ったマニュアル」より うつ体験談
「なぜ死んではいけないのか」と聞かれたら
田村浩二さんの「うつ病対処マニュアル 50ヶ条」から
うつを改善させた三つの言葉 高田明和医師
高田明和医師は三つの言葉でうつから回復しました
セロトニンがうつ改善に役立つ理由は
深い呼吸などにより分泌量が増えるセロトニンがうつ改善に役立つ理由 帯津氏と有田秀穂教授の対談から
うつ改善のための呼吸法 帯津良一医師の著書から
うつ改善のための呼吸法です 手のひらの下で風船を上下させるイメージで