セロトニンはうつ治療薬と同じ効果を持っています

呼吸法がなぜうつ改善に役立つのか「ゆっくり呼吸で病気は治る!」より

うつを改善させる手段として、呼吸法がしばしば挙げられます。

 

 

深い呼吸をするとリラックスするのは誰でも実感しますが、それがうつになぜ効果的なのでしょうか?

 

 

帯津良一氏の著書「ゆっくり呼吸で病気は治る!」では、呼吸法により増えるセロトニンを挙げて説明されています。

 

同書巻末に収録されている、東邦大学医学部 有田秀穂教授の解説を紹介します。

 

脳内物質としては、ドーパミンとかノルアドレナリンがよく知られています。ドーパミンもノルアドレナリンも、意欲を高めたり集中力を発揮させたりという重要な働きをしています。

 

しかし、それが過剰に働くと、ドーパミンだと依存症、ノルアドレナリンだと不安神経症やパニック障害などになるというさまざまな弊害が出てきます。

 

それをコントロールしているのがセロトニンです。

 

つまり、オーケストラの指揮者のような存在で、脳全体のバランスをとるというのがセロトニンの役割です。

 

もう少し細かくいいますと、セロトニンには5つの作用があります。

 

1つめがクールな覚醒です。脳を、人間にとってもっとも適度な覚醒の状態にします。

 

2つめが平常心の維持、3つめが交感神経の適度な興奮、4つめが痛みの軽減、5つめがよい姿勢の維持です。

 

セロトニンが多くの作用を持つことがわかります。

 

スポンサーリンク

 

セロトニンがうつ改善に効果的な理由は、以下のとおりです。

 

セロトニンが不足すると、さまざまな病気が起こってきます。代表的なものだとうつ病ですね。

 

これは精神科の先生も心療内科の先生も異論がありません。

 

なぜなら、うつ病の患者さんに出されるSSRIという薬は、脳の中のセロトニンの量を上げる薬だからです。片頭痛の薬もセロトニンと関係しています。

 

あと、不眠症とか、摂食障害、パニック障害、慢性疲労症候群など、セロトニンが効果的だということがわかっています。

 

しかし、できれば薬だけに頼るのではなく、呼吸法などセロトニン神経を活性化させるような方法を併用しながら治療していくと、回復も早いと思います。

 

「ゆっくり呼吸で病気は治る!」207〜208ページより

 

セロトニンは呼吸法により意図的に増やすことができます。

 

ゆっくり呼吸で病気は治る!
ゆっくり呼吸で病気は治る!

 

ほんの少し意識して深い呼吸をするだけで、うつの治療に使われる薬と同じ効果を得られるわけです。

 

それならば、呼吸法を生活の一部にすれば、うつの改善に大いに役立つのではないでしょうか。

 

 

本書「ゆっくり呼吸で病気は治る!」には、うつ以外の症状にも効果的な呼吸法が紹介されています。

 

参考にしてみて下さい。

 

 

本田昌毅医師が監修しました!
自宅で1日10分、21日間で元気な自分を取り戻すためのプログラム
実践者の体験談も紹介されています!
 ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

関連ページ

座禅がうつ発症のきっかけに
「本当に『うつ』が治ったマニュアル」より うつ体験談
「なぜ死んではいけないのか」と聞かれたら
田村浩二さんの「うつ病対処マニュアル 50ヶ条」から
うつの人に言ってはいけないこと
うつの人に言うべきでないことがあります
うつを改善させた三つの言葉 高田明和医師
高田明和医師は三つの言葉でうつから回復しました
うつ改善のための呼吸法 帯津良一医師の著書から
うつ改善のための呼吸法です 手のひらの下で風船を上下させるイメージで