TMS治療の痛みや施術時間は?週刊文春の記事から

TMSうつ病治療体験談 痛みや注意点も 週刊文春の記事より

前ページはこちら

 

「週刊文春」の記事では、筆者の塩田芳亨氏がTMS治療を体験されています。

 

 

その体験談を引用させて頂きます。

 

筆者はうつ病ではないが、TMSは副作用がないというので、実際に自ら体験してみた。

 

歯科治療で使うような椅子に座り、トリーターと呼ばれる専門の訓練を受けた技術者と専門的な研修を受けた医師の二人が、頭の左側にある背外側前頭前野の場所を探り、磁気刺激を与える装置を固定する。

 

この場所は人によって違うという。

 

 

次に磁気の強さを決定するが、これも個人差がある。

 

約二十分でこの二つが決まると、いよいよ治療の開始。

 

頭を叩く磁気の刺激は、金槌で叩かれるような激痛だと聞かされていたので、十分覚悟はしていた。

 

タタタタと、四秒間。

 

 

キツツキが気を叩く音のように、磁気が頭を刺激する。しかし、思っていたほどの激痛ではない。

 

磁気刺激は四秒間で終わり、その後二十六秒間のブレイク。このサイクルが約四十分間続く。

 

 

十分ほど経つと痛みには慣れてくる。

 

うつ病の症状が全くない筆者には治療を終えても何の変化もなかったが、うつ病患者にはこの四十分間が時に劇的な変化を与えるのだという。

 

前ページはこちらで紹介したように、TMS手術はおよそ180万円の費用がかかります。

 

 

しかし、2013年6月の開業からおよそ1年で、240人もの人が治療を終えています。

 

文春の記事には、TMS治療を受けたうつ患者の体験談・感想もあります。

 

「最初に治療を受けた時に不安感がなくなってしまったんです。これは効くかも知れないと、大きな期待を感じました」

 

と、非常に効果的と思える体験談も紹介されています。

 

 

しかし、TMSには重大な問題点があります。

 

 

治療後しばらくすると、うつ特有の症状が再発する可能性があるのです。

 

 

その場合はどのように対処するのでしょうか?

 

次ページで紹介します。

 

ここまで来た!うつ病治療

うつ治療薬通販などメンタルヘルスサポートまとめ

 

 

次ページへ

 

 

 

関連ページ

うつの原因となる病気や薬
うつをひき起こしやすい病気や薬があります
うつ うつ病 新型うつ病の違い
うつ うつ病 新型(擬態)うつ病は見分けがつきにくいのでやっかいです
うつに関する雑学
うつに関する雑学 スルピリドやサザエさん症候群について
西城秀樹さんの脳梗塞とうつ
脳梗塞や糖尿病はうつをひき起こしやすい病気です
がんとうつ ストレス・治療薬
がんは患者へのストレスが強く うつの原因になりえます
仮面うつ病とは 症状や特性
仮面うつ病は身体的症状がおきるうつ病です
うつと憂鬱の違いと共通点
うつとゆううつには違う点と同時に共通点もあります
うつが原因で起きる様々な症状
うつは頭痛や肩こり 腹痛や便秘 筋肉の痛みなどさまざまな症状の原因になります
うつとお酒 依存症リスク
うつ状態での飲酒は依存症リスクがあるので勧められません
抗うつ剤の特性や注意点・副作用
抗うつ薬の特性や副作用について
うつの原因となりうる薬 まとめ
副腎皮質ホルモン剤 降圧薬などの薬はうつをひき起こす可能性があります
うつの治療に良いのは?大病院と個人病院
うつの治療を受けるにはどっち?大病院と個人病院 それぞれ長所・短所があります
精神科 心療内科など科目の違い
医療機関の科目の違い
うつ病で薬をやめたくなったら
自己判断で薬をやめてしまうのはよくありません
うつになって病院をどのように選ぶか
病院を選ぶ基準 管理人の考えも交えて紹介します
自立支援医療費支給制度 申請の方法
うつの医療費を低く抑えるための支援制度があります
うつは「三位一体」で改善を図る
うつの治療ではバイオ・サイコ・ソーシャル三つの観点からの対処が必要です
子供時代の運動とうつリスク
子供の頃運動をしていると 大人になってうつを発症するリスクが低くなります
うつ治療法TMSについて
うつ病の画期的治療法と言われるTMS(経頭蓋磁気刺激)について 日本では新宿メンタルクリニックで行われています
TMS施術後にうつが再発したら
新宿メンタルクリニックでは施術後の症状再発対策としてカウンセリングを行います 薬は使いません