うつの改善には心理・医療・生活面でのアプローチが必要です

三分野の観点からうつの治療を図るとは

うつ状態で表れる症状を分野別に分けると、

 

・「能力・機能低下」(バイオ)Biological
・「社会への不適応」(ソーシャル)Social
・「抑打つ気分や自信喪失などの心理状態」(サイコ)Psychological

 

の三つになります。

 

 

これらはそれぞれが独立したものではなく、互いが影響を与えあっています。

 

 

そのためどれか一分野が改善しても、その他の悪いままの分野に引きずられてせっかく治りかけたものが悪化してしまいます。

 

可能であればこの三分野で同時に治療を試み、一気に全体の改善を図るのが理想的です。

 

 

バイオ面においてはまず医師の診断を受け、治療方針の確立や薬の処方といった対処をします。

 

サイコ面では臨床心理士やカウンセラーに相談し、原因の確認と問題の整理、解決への工程を探ります。

 

ソーシャル面では医療ソーシャルワーカー、作業療法士に加え、家族の協力も得ながら人間関係および社会環境面でのサポート・アドバイスにより改善を図ります。

 

 

「三分野」といっても、「三人」の医師や専門家のお世話になる、という意味では必ずしもありません。(もちろん、お世話になっても何の問題もありませんが)

 

 

症状の三分野が影響し合っているように、専門家のアドバイスおよび対処法も三分野に関連しているケースが少なくありません。

 

 

ポイントになるのは、「どれか一分野だけを治す」のではなく、三分野全体で改善を目指す意識です。

 

 

うつ治療の際には、「この三分野に対処できているか?」を時々チェックしてみて下さい。

 

 

実践者の体験談映像もあります!
医療広告ガイドラインに則ったサイトです。
 ↓ ↓ 詳細はこちらから ↓ ↓

2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)

 

 

 

 

 

関連ページ

うつの原因となる病気や薬
うつをひき起こしやすい病気や薬があります
うつ うつ病 新型うつ病の違い
うつ うつ病 新型(擬態)うつ病は見分けがつきにくいのでやっかいです
うつに関する雑学
うつに関する雑学 スルピリドやサザエさん症候群について
西城秀樹さんの脳梗塞とうつ
脳梗塞や糖尿病はうつをひき起こしやすい病気です
がんとうつ ストレス・治療薬
がんは患者へのストレスが強く うつの原因になりえます
仮面うつ病とは 症状や特性
仮面うつ病は身体的症状がおきるうつ病です
うつと憂鬱の違いと共通点
うつとゆううつには違う点と同時に共通点もあります
うつが原因で起きる様々な症状
うつは頭痛や肩こり 腹痛や便秘 筋肉の痛みなどさまざまな症状の原因になります
うつとお酒 依存症リスク
うつ状態での飲酒は依存症リスクがあるので勧められません
抗うつ剤の特性や注意点・副作用
抗うつ薬の特性や副作用について
うつの原因となりうる薬 まとめ
副腎皮質ホルモン剤 降圧薬などの薬はうつをひき起こす可能性があります
うつの治療に良いのは?大病院と個人病院
うつの治療を受けるにはどっち?大病院と個人病院 それぞれ長所・短所があります
精神科 心療内科など科目の違い
医療機関の科目の違い
うつ病で薬をやめたくなったら
自己判断で薬をやめてしまうのはよくありません
うつになって病院をどのように選ぶか
病院を選ぶ基準 管理人の考えも交えて紹介します
自立支援医療費支給制度 申請の方法
うつの医療費を低く抑えるための支援制度があります
子供時代の運動とうつリスク
子供の頃運動をしていると 大人になってうつを発症するリスクが低くなります
うつ治療法TMSについて
うつ病の画期的治療法と言われるTMS(経頭蓋磁気刺激)について 日本では新宿メンタルクリニックで行われています
TMS治療体験談 効果と再発
TMSは施術直後は効果を感じますが しばらくするとうつ症状が再発してしまうそうです 対処法は・・・
TMS施術後にうつが再発したら
新宿メンタルクリニックでは施術後の症状再発対策としてカウンセリングを行います 薬は使いません