うつを起こすリスクのある病気や薬をまとめています

うつをひき起しやすい病気や薬 まとめ 脳梗塞など

うつをひき起しやすい病気があります。

 

 

その多くは慢性的・難治性であったり、重篤な症状が出るものです。

 

 

病気そのものがうつを併発しやすかったり、病気にかかってしまったショックや不安といったストレスがうつ病の原因となるのです。

 

治療のために服用する薬がうつを起こしやすい病気もあります。

 

 

うつになりやすい病気として最も知られているのは、脳卒中ではないでしょうか。

 

 

特に脳梗塞や脳出血を起こすと、患者の20〜40%がうつを発症すると言われています。

 

(発症割合は資料によって差があります)

 

 

うつを起こしやすい病気を以下にまとめます。

 

 

脳梗塞・脳出血 がん 心筋梗塞 アルツハイマー 糖尿病 パーキンソン病 全身性エリテマトーデス 関節リウマチ メニエール病 甲状腺機能障害 腎不全

 

 

がんを告知された人が大きなストレスを受けるのは当たり前ですし、関節リウマチの痛みを日常的に感じていれば精神的に疲弊するのも無理はありません。

 

うつの発症を防ぐにはこれらの病気を治す必要があるのですが、いずれも完治が難しいため、なかなか厄介です。

 

 

糖尿病や腎不全での厳しい食事制限がストレスとなるケースもあります。

 

また、うつの原因となりうる薬には、

 

 

降圧剤 パーキンソン病の治療薬 副腎皮質ホルモン剤 精神病治療薬

 

 

といったものがあります。

 

うつを起こす可能性があっても、病気を治すためには使用をやめるわけにはいきません。

 

 

こちらもまた対処が難しいので、患者が勝手に判断せず、医師との相談が必要です。

 

 

うつ治療薬通販などメンタルヘルスサポートまとめ

日本・米国で特許取得のメンタルケアサプリ【ヌーススピリッツ】

 

 

 

関連ページ

うつ うつ病 新型うつ病の違い
うつ うつ病 新型(擬態)うつ病は見分けがつきにくいのでやっかいです
うつに関する雑学
うつに関する雑学 スルピリドやサザエさん症候群について
西城秀樹さんの脳梗塞とうつ
脳梗塞や糖尿病はうつをひき起こしやすい病気です
がんとうつ ストレス・治療薬
がんは患者へのストレスが強く うつの原因になりえます
仮面うつ病とは 症状や特性
仮面うつ病は身体的症状がおきるうつ病です
うつと憂鬱の違いと共通点
うつとゆううつには違う点と同時に共通点もあります
うつが原因で起きる様々な症状
うつは頭痛や肩こり 腹痛や便秘 筋肉の痛みなどさまざまな症状の原因になります
うつとお酒 依存症リスク
うつ状態での飲酒は依存症リスクがあるので勧められません
抗うつ剤の特性や注意点・副作用
抗うつ薬の特性や副作用について
うつの原因となりうる薬 まとめ
副腎皮質ホルモン剤 降圧薬などの薬はうつをひき起こす可能性があります
うつの治療に良いのは?大病院と個人病院
うつの治療を受けるにはどっち?大病院と個人病院 それぞれ長所・短所があります
精神科 心療内科など科目の違い
医療機関の科目の違い
うつ病で薬をやめたくなったら
自己判断で薬をやめてしまうのはよくありません
うつになって病院をどのように選ぶか
病院を選ぶ基準 管理人の考えも交えて紹介します
自立支援医療費支給制度 申請の方法
うつの医療費を低く抑えるための支援制度があります
うつは「三位一体」で改善を図る
うつの治療ではバイオ・サイコ・ソーシャル三つの観点からの対処が必要です
子供時代の運動とうつリスク
子供の頃運動をしていると 大人になってうつを発症するリスクが低くなります
うつ治療法TMSについて
うつ病の画期的治療法と言われるTMS(経頭蓋磁気刺激)について 日本では新宿メンタルクリニックで行われています
TMS治療体験談 効果と再発
TMSは施術直後は効果を感じますが しばらくするとうつ症状が再発してしまうそうです 対処法は・・・
TMS施術後にうつが再発したら
新宿メンタルクリニックでは施術後の症状再発対策としてカウンセリングを行います 薬は使いません