うつ状態での飲酒はリスクが高いです

うつとお酒 依存症リスク 管理人の考え

飲酒量が増えるのは、うつのサインのひとつと考えられます。

 

 

これは男女の性別に関係なく、場合によっては飲み過ぎでトラブルを頻繁に起こすようになります。

 

こんな状態が続くようであれば、うつの可能性があるので受診がすすめられます。

 

 

アルコールを飲むと一時的に気分が高揚し、明るくなるのでネガティブな思考を忘れられます。

 

抗うつ剤と似たような作用が期待できるため、うつになると酒量が増えやすいのです。

 

 

アルコールが効いているうちは確かに気持ちが明るくなりますが、アルコールが抜けると飲酒前よりも気分が落ち込むこともあるのでやっかいです。

 

 

その気持ちを晴らすためにまた飲む、という悪循環に陥ってしまいかねません。

 

一時的に得られる高揚感を求めて酒量が増え続けると、アルコール依存症になってしまいます。

 

 

この状態が長く続くと肝臓などを壊しかねず、とても危険です。

 

「うつになっても適量であればお酒は飲んでOK」という意見もあるようですが、管理人としてはお酒には手を出さないほうが無難だと考えています。

 

 

人間は本来弱いものですし、薬よりも手軽に高揚感を得られるのであれば、それに溺れてしまうのは無理からぬことです。

 

 

管理人は普段はほとんどお酒を飲みません。

 

しかし仮に管理人がうつになったら、「お酒には絶対依存しない」と言い切る自信はありません。実際になってみないと辛さはわからないからです。

 

 

そこに少しでも依存症になるリスクがあるなら、最初から手を出すべきではないと考えるのですがいかがでしょうか。

 

 

うつ治療薬通販などメンタルヘルスサポートまとめ

 

 

 

関連ページ

うつの原因となる病気や薬
うつをひき起こしやすい病気や薬があります
うつ うつ病 新型うつ病の違い
うつ うつ病 新型(擬態)うつ病は見分けがつきにくいのでやっかいです
うつに関する雑学
うつに関する雑学 スルピリドやサザエさん症候群について
西城秀樹さんの脳梗塞とうつ
脳梗塞や糖尿病はうつをひき起こしやすい病気です
がんとうつ ストレス・治療薬
がんは患者へのストレスが強く うつの原因になりえます
仮面うつ病とは 症状や特性
仮面うつ病は身体的症状がおきるうつ病です
うつと憂鬱の違いと共通点
うつとゆううつには違う点と同時に共通点もあります
うつが原因で起きる様々な症状
うつは頭痛や肩こり 腹痛や便秘 筋肉の痛みなどさまざまな症状の原因になります
抗うつ剤の特性や注意点・副作用
抗うつ薬の特性や副作用について
うつの原因となりうる薬 まとめ
副腎皮質ホルモン剤 降圧薬などの薬はうつをひき起こす可能性があります
うつの治療に良いのは?大病院と個人病院
うつの治療を受けるにはどっち?大病院と個人病院 それぞれ長所・短所があります
精神科 心療内科など科目の違い
医療機関の科目の違い
うつ病で薬をやめたくなったら
自己判断で薬をやめてしまうのはよくありません
うつになって病院をどのように選ぶか
病院を選ぶ基準 管理人の考えも交えて紹介します
自立支援医療費支給制度 申請の方法
うつの医療費を低く抑えるための支援制度があります
うつは「三位一体」で改善を図る
うつの治療ではバイオ・サイコ・ソーシャル三つの観点からの対処が必要です
子供時代の運動とうつリスク
子供の頃運動をしていると 大人になってうつを発症するリスクが低くなります
うつ治療法TMSについて
うつ病の画期的治療法と言われるTMS(経頭蓋磁気刺激)について 日本では新宿メンタルクリニックで行われています
TMS治療体験談 効果と再発
TMSは施術直後は効果を感じますが しばらくするとうつ症状が再発してしまうそうです 対処法は・・・
TMS施術後にうつが再発したら
新宿メンタルクリニックでは施術後の症状再発対策としてカウンセリングを行います 薬は使いません