うつの原因となりうる薬はたくさんあります

うつ病を起こしやすい薬 副腎皮質ホルモン剤 降圧剤など

うつは薬の副作用で発症することがあります。

 

うつを引き起こす可能性のある薬は多岐に渡っていて、服用する際は考慮する必要があります。

 

 

対象となる薬を挙げます。

 

副腎皮質ホルモン剤 
インターフェロン製剤

 

 

降圧薬 レセルピン メチルドバ ヒドララジンなど 
経口避妊薬 ノルエチステロン 
消化性潰瘍治療薬 シメチジン ラニチジンなど  
抗精神病薬 フルフェナジン クロルプロマジンなど  
催眠・鎮痛薬 バルビタールなど

 

 

強心薬 ジキタリス製剤など 
パーキンソン病治療薬 レボドバなど  
抗がん薬 プレオマイシン アザチオプリンなど  
抗結核薬 サイクロセリン エチオナミドなど 
抗てんかん薬 カルバマゼピンなど

 

 

中でも降圧薬や副腎皮質ホルモン剤は特にうつを発症しやすいといわれています。

 

 

薬により発症したうつは、薬の服用をやめれば快方に向かいますが、薬により治療を図っていた病気との兼ね合いもあるので、服用量を自己判断で変えるのはダメです。

 

医師と相談して、病気とうつの兼ね合いを考えなくてはいけません。

 

 

薬剤の一覧は「名医の図解 うつがよくなる生活読本」岩崎靖夫著 50〜51ページを参考にしました。

 

 

うつ治療薬通販などメンタルヘルスサポートまとめ

 

向精神薬と薬の副作用について

うつ対策サプリメントヌーススピリッツのサイトコンテンツへリンクします。

 

 

 

関連ページ

うつの原因となる病気や薬
うつをひき起こしやすい病気や薬があります
うつ うつ病 新型うつ病の違い
うつ うつ病 新型(擬態)うつ病は見分けがつきにくいのでやっかいです
うつに関する雑学
うつに関する雑学 スルピリドやサザエさん症候群について
西城秀樹さんの脳梗塞とうつ
脳梗塞や糖尿病はうつをひき起こしやすい病気です
がんとうつ ストレス・治療薬
がんは患者へのストレスが強く うつの原因になりえます
仮面うつ病とは 症状や特性
仮面うつ病は身体的症状がおきるうつ病です
うつと憂鬱の違いと共通点
うつとゆううつには違う点と同時に共通点もあります
うつが原因で起きる様々な症状
うつは頭痛や肩こり 腹痛や便秘 筋肉の痛みなどさまざまな症状の原因になります
うつとお酒 依存症リスク
うつ状態での飲酒は依存症リスクがあるので勧められません
抗うつ剤の特性や注意点・副作用
抗うつ薬の特性や副作用について
うつの治療に良いのは?大病院と個人病院
うつの治療を受けるにはどっち?大病院と個人病院 それぞれ長所・短所があります
精神科 心療内科など科目の違い
医療機関の科目の違い
うつ病で薬をやめたくなったら
自己判断で薬をやめてしまうのはよくありません
うつになって病院をどのように選ぶか
病院を選ぶ基準 管理人の考えも交えて紹介します
自立支援医療費支給制度 申請の方法
うつの医療費を低く抑えるための支援制度があります
うつは「三位一体」で改善を図る
うつの治療ではバイオ・サイコ・ソーシャル三つの観点からの対処が必要です
子供時代の運動とうつリスク
子供の頃運動をしていると 大人になってうつを発症するリスクが低くなります
うつ治療法TMSについて
うつ病の画期的治療法と言われるTMS(経頭蓋磁気刺激)について 日本では新宿メンタルクリニックで行われています
TMS治療体験談 効果と再発
TMSは施術直後は効果を感じますが しばらくするとうつ症状が再発してしまうそうです 対処法は・・・
TMS施術後にうつが再発したら
新宿メンタルクリニックでは施術後の症状再発対策としてカウンセリングを行います 薬は使いません