薬をやめたくなったら まずは医師に相談してみましょう

うつ病で薬をやめたくなったら 管理人の考え

うつ病の治療は時間がかかることが多く、良くなったり悪くなったりを繰り返しつつ、症状の改善を図っていきます。

 

 

処方された薬を飲みながら治療を続けていて、良い状態がしばらく続くと

 

「もしかしたら薬はもう要らないんじゃないか?」

 

という気分になりがちです。

 

 

患者は早く治りたい一心なので、薬が必要ない=治った、と考えたい気持ちもわかります。

 

それでは、自己判断で薬をやめても良いのでしょうか?

 

 

結論としては、自己判断で薬をやめてしまうのはダメです。途中で薬をやめると、リバウンドでもっと悪くなることがあるからです。

 

 

とはいえ、状態が良いと「薬をやめても大丈夫な気がする」との気持ちが強くなるのも確かです。

 

そこで、管理人としては

 

薬をやめたくなったら、その気持ちを正直に医師に伝える。
可能であれば、複数の医師に意見を求める。

 

 

と提案させて頂きます。

 

 

言うまでもなく医師は専門家です。患者およびうつの症例と接した経験は患者よりもはるかに多いのです。

 

 

「どんな症状の人が、どんな薬を途中でやめるとこういう結果になった」

 

 

というデータの蓄積を持っています。

 

患者だけの判断で薬をやめてしまうよりも、医師に相談したほうが有益なアドバイスを得られるのは間違いありません。

 

 

薬の必要性を感じないほど状態が良くなったのは、医師のアドバイスに従った結果だとも言えます。

 

 

改善に向かっているのは間違いないのですから、そのまま医師を信頼してまずは相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

うつ治療薬通販などメンタルヘルスサポートまとめ

 

 

 

関連ページ

うつの原因となる病気や薬
うつをひき起こしやすい病気や薬があります
うつ うつ病 新型うつ病の違い
うつ うつ病 新型(擬態)うつ病は見分けがつきにくいのでやっかいです
うつに関する雑学
うつに関する雑学 スルピリドやサザエさん症候群について
西城秀樹さんの脳梗塞とうつ
脳梗塞や糖尿病はうつをひき起こしやすい病気です
がんとうつ ストレス・治療薬
がんは患者へのストレスが強く うつの原因になりえます
仮面うつ病とは 症状や特性
仮面うつ病は身体的症状がおきるうつ病です
うつと憂鬱の違いと共通点
うつとゆううつには違う点と同時に共通点もあります
うつが原因で起きる様々な症状
うつは頭痛や肩こり 腹痛や便秘 筋肉の痛みなどさまざまな症状の原因になります
うつとお酒 依存症リスク
うつ状態での飲酒は依存症リスクがあるので勧められません
抗うつ剤の特性や注意点・副作用
抗うつ薬の特性や副作用について
うつの原因となりうる薬 まとめ
副腎皮質ホルモン剤 降圧薬などの薬はうつをひき起こす可能性があります
うつの治療に良いのは?大病院と個人病院
うつの治療を受けるにはどっち?大病院と個人病院 それぞれ長所・短所があります
精神科 心療内科など科目の違い
医療機関の科目の違い
うつになって病院をどのように選ぶか
病院を選ぶ基準 管理人の考えも交えて紹介します
自立支援医療費支給制度 申請の方法
うつの医療費を低く抑えるための支援制度があります
うつは「三位一体」で改善を図る
うつの治療ではバイオ・サイコ・ソーシャル三つの観点からの対処が必要です
子供時代の運動とうつリスク
子供の頃運動をしていると 大人になってうつを発症するリスクが低くなります
うつ治療法TMSについて
うつ病の画期的治療法と言われるTMS(経頭蓋磁気刺激)について 日本では新宿メンタルクリニックで行われています
TMS治療体験談 効果と再発
TMSは施術直後は効果を感じますが しばらくするとうつ症状が再発してしまうそうです 対処法は・・・
TMS施術後にうつが再発したら
新宿メンタルクリニックでは施術後の症状再発対策としてカウンセリングを行います 薬は使いません