うつ全般の特徴や原因 発症因子などまとめ

うつの特性・特徴・原因記事一覧

うつになりやすい人 管理人の友人は

うつ病になりやすい人は「真面目でいい人」であることが知られています。責任感が強く、几帳面で誠実です。ルールや秩序、規律を守り、ごまかしは嫌い。人から頼まれるとイヤと言えず、自分の仕事のみならず頼まれた仕事も完璧にこなさないと気が済みません。こうした人が職場にいると間違いなく「仕事ができる」との評価を...

≫続きを読む

うつになるきっかけ ストレスの要因

うつの原因はいくつかあり、その中でも最も大きいのはストレスです。ストレスとは外部から受ける負荷・負担を意味し、ストレスが大きすぎるのはもちろん、ストレスが無さ過ぎても人間は健康を害します。ストレスが大きすぎたり、ストレスを長期間受ける、溜め込むなどするとうつを発症する場合があります。それでは、うつの...

≫続きを読む

うつで「死にたい」「自分は無価値」と感じるのは

うつの症状が進行すると、「死にたい」「自分は生きていてもしょうがない」「自分は価値の無い人間だ」「自分という存在が無くなっても世間には何も影響しない」「何もやる気がしない」と、かなりネガティブな感情にとらわれてしまうケースが少なくありません。健康な人が聞くとかなり深刻な話であり、実際に「自ら命を絶っ...

≫続きを読む

ひっかけあり?うつ症状の評価判断表CES-D

うつかどうかを自己評価する基準のひとつに、CES-D(セス・ディー)と呼ばれる評価表があります。うつ症状のレベルを自己採点により評価するもので、世界中で使用されています。20項目それぞれの精神状態が、A〜Dいずれの頻度で発生するか、最も近いものを選んでいき、最後に採点します。A この1週間で全くない...

≫続きを読む

玄米正食で心の病改善 菅藤祥江さん しかし公表されず

ちょっと昔の話で恐縮ですが紹介します。月刊誌「トップジャーナル」2002年4月号に、「食べ物は人生を変える?」という特集がありました。玄米正食の指導団体「蒼玄」の会長、菅藤祥江さんが精神病院で管理栄養士として働いていた際のエピソードです。当時菅藤さんは、病院で患者に出される食事があまりにもひどいと感...

≫続きを読む

言っていいこと悪いこと・態度 まとめ ケーススタディ

家族や友人が「うつかな?」という状態になると、周囲の人はどんな声をかけると良いのか迷うものです。言葉によっては症状を悪化させるリスクもあり、注意が必要だからです。雑誌「Tarzan」に、「メンタルヘルス・ファーストエイド」という、5段階の声かけについての特集がありました。相手の状態別に、言葉の適・不...

≫続きを読む

最上悠さん うつをハーブや食事で改善 効果のある栄養素など

精神科医の最上悠さんは、1990年代後半から心のヘルスケアにサプリメントを使用し、効果の判定を行ってきました。いろいろ試した中でも、ハーブの一種であるセントジョーンズワートは特に優秀で、軽度〜中度のうつ病ではSSRIと呼ばれる抗うつ剤と同じ効果があるとされています。また、青魚に含まれているDHAやE...

≫続きを読む

ビタミンBやアミノ酸・地中海の食事とメンタルヘルス 最上悠さん

前ページからの続きです。うつとは少し違いますが、月経前症候群ではイライラや不安などメンタル面の不調に悩む女性が少なくありません。これにはビタミンB6が目覚ましい効果を発揮し、女性ホルモン以上に有効だとされています。葉酸とビタミンBに関連してもうひとつ。これらの栄養素が働きかけると考えられている、SA...

≫続きを読む

うつの原因になる口呼吸 「あいうべ」などで鼻呼吸に 今井一彰医師

うつの原因というと、外部環境から受ける精神的ストレスや脳梗塞などをまず連想します。これらがうつのリスクを高めることはよく知られており、対策や事例も多く報じられています。しかし、同じようにうつのリスクを上げる要因でありながら、あまり意識されていないことがあります。それは口呼吸です。口呼吸は全身の不調を...

≫続きを読む