玄米正食はうつ以外の心の病も改善させています

玄米正食でうつ・分裂病 心の病改善

ちょっと昔の話で恐縮ですが紹介します。

 

 

月刊誌「トップジャーナル」2002年4月号に、「食べ物は人生を変える?」という特集がありました。

 

玄米正食の指導団体「蒼玄」の会長、菅藤祥江さんが精神病院で管理栄養士として働いていた際のエピソードです。

 

 

当時菅藤さんは、病院で患者に出される食事があまりにもひどいと感じていました。

 

 

「食事を改善すれば患者さんたちの心の病も改善するのでは?」と考えた菅藤さんは、自分のアイデアを院長に直訴します。

 

院長は菅藤さんの食事療法を快諾し、早速実行することになりました。

 

 

入院患者を30人ずつ二つのグループに分け、一方には玄米正食を、もう一方にはそれまでのどおりの病院食を食べてもらいました。

 

 

その結果、病院食のグループは症状に変化がなかった一方で、玄米正食のグループは病から回復し、記事によると「分裂病の患者も、うつ病の患者も全員治った」のです。

 

 

実に驚くべき結果です。

 

 

菅藤さんはこの研究成果を医学論文にまとめたのですが、精神科の学会が論文の発表に待ったをかけてしまいます。

 

 

精神医学会の妨害ではないかとの見方もあるそうです。

 

「食べ物で治ったら、精神科医が食べていけなくなる」と懸念したとか。真相はわかりません。

 

 

それから約十年後、アメリカでも精神科患者に対して同様の研究がおこなわれました。

 

その結果は、菅藤さんの研究と全く同じだったのです。

 

 

管理人は玄米食に興味があり、参考図書にもいくつか目を通していますが、「玄米食が精神の病にも効く」とは読んだ記憶があまり無いです。

 

 

しかし玄米は栄養豊富で体に良いものですから、精神にも良い作用があるとしても全く不思議ではありません。

 

 

現在は心の病と食に関する本も多く出版されています。
参考に目を通してみるときっと有益ではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連ページ

うつになりやすい人の特徴
うつになりやすい人の性格 管理人の友人は
うつを生むストレス 要因は
うつの原因で最も多いストレスは様々な理由で発生します
自殺願望は症状のひとつ
うつで「死にたい」と感じるのは症状のひとつでしかありません
うつの自己評価CES-D
セス・ディーはうつのレベルを自己採点する評価表です
言って良いこと・悪いことまとめ
雑誌「Tarzan」の記事から うつの人に対する言葉や態度 NG・OKの例をまとめています
うつを改善するハーブ・食事・栄養
雑誌「からだにいいこと」よりうつ改善に効果のあるハーブや食事・栄養素など 精神科医 最上悠さんの記事
葉酸やビタミンB6 アミノ酸でメンタルケア
雑誌「からだにいいこと」から 地中海の食事は精神面の健康維持にも良いとされています
口呼吸もうつの原因に
口が半開きだと疲労感・抑うつ度が高いという調査結果も 呼吸もメンタルヘルスに影響します